皆ジェームズ・ステイシーの素晴らしいデザインワークに目を奪われているはずだが、決して作られることのないダイバーズウォッチだ。しかし、私は夢を見ることができる。

シュプリーム ロレックススーパーコピー コラボ サブマリーナ『FUCK EM』 114060 2018リーク シュプリーム x ロレックス

商品名: シュプリーム×ロレックス Fuck Em ノベルティ
型番: 114060
ケース素材: SS
風防素材: サファイアクリスタル
ムーブメント: 2836 movement 28800VPH
本体サイズ(直径): 40.5mm
素材=ステンレス
文字盤には真紅で『FUCK EM』
背面部分に『シュプリーム』ロゴ刻印
NoobFactory ノベルティロレックスサブマリーナ シュプリームカスタム
2013年に関係者限定で配られた伝説のコラボレーション、「シュプリーム(シュプリーム)」と「ロレックス(ロレックス)」が2018年にコラボレーション予定とリークされました。

文字盤には真紅で『FUCK EM』の文字が施され、背面に『シュプリーム』のロゴが刻印された、シュプリームらしいカスタムとなっております。

私がこの時計ファンタジーデザインゲームに初めて挑戦したとき思い浮かべたのは、ロレックスが製造することができるであろう、オールゴールドの36mmエクスプローラーだった。今回は、ロレックスが決して製造しそうもない、純粋にわがままな、あえて言うなら突飛な選択をすることにした。見よ、これが私の妄想するモダンな赤のサブマリーナーだ。

インスピレーションは、私の好きなロレックスのヴィンテージモデルと、好きな映画から得たものだ。赤のサブマリーナーRef.1680であること、1976年の『大統領の陰謀』で、ロバート・レッドフォードがボブ・ウッドワード役でこの時計を着用していたことで有名だ(しかもレッドフォードの個人所有の時計だった)。赤のサブマリーナーは短命に終わり、我々が知るようになったオールホワイトテキストのサブマリーナー デイトに道を譲った。しかし、日付なしの赤サブは存在しなかった……今までは。そして、それにひねりを加えた。私はマットなセラミック製のヨットマスターベゼルを高く評価していて、往年の最も象徴的なツールウォッチに、必要とされるツールらしいスタイリングをもたらせたと考えている。

【関連記事】:bibicopy 届いた

0 Replies to “シュプリーム ロレックスのコラボ サブマリーナ『FUCK EM』”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です